石神井公園駅付近の高架化完了

こんにちは区議会議員の有馬豊です。

 いま、東京都と西武鉄道(株)で、練馬高野台駅から大泉学園駅の間において、西武池袋線連続立体交差事業を進めていますが、このたび、練馬高野台駅から石神井公園駅付近の一期区間において、昨年2月に高架化した上り線に続き、4月16日(土)終電車後から翌日の初電車前の時間帯に下り線を高架に切り換える工事を行う予定です。

 

 

   このことにより、この区間にある6カ所の踏切がすべてなくなり、踏切による交通渋滞が解消します。

 

  区から情報提供があったので、取り急ぎご報告します。

関連記事

  1. 区独自で放射線量の測定開始

  2. 大震災対策本部

  3. 議会人事

  4. 交通対策等特別委員会

  5. 東日本大震災救援募金

  6. 初登庁

    • 宮平 良行

     石神井公園駅が4月17日から下り線も高架化されると聞きまして、有馬区議と西武の所沢本社に前都議会議員松村友昭氏、元区議会議員鈴木整氏、住民の方々と交渉に行ったことを昨日のように思い出します。
     開かずの踏み切り、朝の通勤、通学時間に30分も待たなければならない、町民方々、いろいろなところで住民運動が起こっていた、その結果が成就したものと思います。
     それにしても、有馬区議が4年前公約として掲げたことが実現できたことは有馬区議の存在感を示したと思います。
     今後、駅の安全性と利便性、駅周辺の活性化、そして高架下の利用も駐輪場も含め、住民要求に応えるものにするよう要求していく必要があるでしょう。
                                                               宮平良行

  1. この記事へのトラックバックはありません。