menu

有馬豊事務所

東京都練馬区石神井町2-8-27
(西武池袋線 石神井駅より徒歩5分)

TEL.03-3997-4191

予算特別委員会3

 こんにちは区議会議員の有馬豊です。

 区民費・産業振興費で私が取り上げたもう一つは、TPPいわゆる環太平洋経済連携協定参加についての区の姿勢についてです。

 共産党区議団の一般質問で、TPP参加ともなれば、農水省の試算でも食料自給率が40%から13%に転落し、米の生産の9割が破壊され、農産物の生産が4兆5千億円も減少すること。また、農産物の加工品など関連企業にも大きな打撃を与えること。さらに、あらゆる分野の市場化が求められるため、地場産業、中小企業主にになっている繊維や皮革、履物などや金融、保険、公共事業の入札、医師、看護師など労働市場の開放まで含まれていることなどをあげ、区内農業や産業にも大きな影響を与えるTPP参加を中止するよう国に求めるべきことを質問しました。

 しかし区は、そうした状況になることは認めながらも、今後の国の対策を注視しているとただ見ているだけと極めて消極的な態度に終始しました。

 今でも、大学生の就職内定率が68.6%と過去最悪を記録するなど雇用が破壊され、国民のくらしが厳しさを増すもとで、TPPに参加したら国内経済に壊滅的打撃を与えることは明らかであり、菅首相がいうTPP参加と農業の再生の両立は不可能であることは、この間の大規模化の取り組みなどを見ても明らかです。

 いま、農林漁業の枠を超えて「TPP交渉参加反対1千万署名全国運動」が広がっていますが、私もこうした運動に参加し、署名にも取り組みたいと思っていますので、ぜひ、ご協力お願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。