介護保険改悪許すな

こんにちは、区議会議員の有馬豊です。

区議会最終日の3月13日に介護保険法改悪にかかわる議案について反対討論に立ちました。

以下全文です。

議案第15号から第19号の介護保険法改悪に関わる条例改定に対する反対討論

2015年3月13日

 

私は、日本共産党練馬区議団を代表して議案第15号から19号の介護保険法改悪に関わる条例制定および一部改定の5議案に反対の立場から討論を行います。

これら議案は、公的介護・医療を土台から掘り崩す「医療・介護総合法」に基づいて「介護予防・日常生活支援総合事業」の導入に伴って出されたものです。

この総合事業は、要支援1,2の訪問介護、通所介護を国の基準とする介護サービスの対象から切り離し、地方自治体ごとの事業に移す、まさに自治体に丸投げする中身となっています。

これは、介護「軽度者」の利用を削減・抑制して公的介護保険にかかるお金を抑え込もうという国の狙いがあります。

実際、国は、これまで介護事業所で専門的に行っていたサービスを安上がりなボランティアによる「多様なサービス」へ流し込んだり、医師など専門家でも難しい要介護認定を窓口担当者の簡易なアンケートで済ませるようにして認定を受けさせないようにしたり、専門的サービスを受けている要支援者へ目標や課題をもたせ、状態が改善したと見るや、単価の低いサービスへの転換やサービスの終了を迫るなどその手法まで示し、毎年5~6%の割合で伸びる要支援者への介護給付を3~4%に抑制するよう指示しています。

この制度を先行実施してきた自治体では、介護が必要な高齢者を市町村の職員が要介護認定を受けさせないよう説得して追い出したり、要介護認定抜きに地域支援事業を割り振るなどの事態も起こっているのです。

今回の制度改悪による目先の費用抑制は、サービスから締め出された「軽度者」を重症化させ、公的費用をむしろ膨張させることにつながる危険すらあります。

これに対し、全国239の地方議会では、要支援切りとも言えるこの制度改定に反対・批判の決議があげられ、自治体当局や介護事業者、利用者などの中からも「このまま実施してよいのか」「サービスを打ち切られたら生活が成り立たない」「認知症やその家族の願い反する」などの声が噴出しているのです。

ところが練馬区は、私どもの質問に対し、「生活支援の必要な高齢者は一層増加し、…持続可能な介護保険制度とするため、総合事業が創設され」たと肯定し、「批判は当たらない」と国言いなりに進めようとしています。

法律では、総合事業の導入は最大2年間の実施を見送ることができるようになっていることから、厚生労働省の調べでも来年度中に総合事業に移行する自治体は全国でも7.2%だけであり、4月に移行するのはわずか4.9%でしかないのです。こうした対応の違いを見ても、練馬区が如何に区民に冷たい区政であるかがハッキリしたのではないでしょうか。

そして、介護保険の改悪はこれだけにとどまりません。特養ホームの入所を原則「要介護3以上」とする改悪と同時に、練馬区でも計画目標を発表しました。現在、区では約2600人を超える特養ホーム待機者がいるのに、新ビジョンでは重点施策としても扱われず、これまでの必要度の高い入所対象者700人分の整備目標すら大幅に引き下げ、わずか340床の整備目標となる始末です。これは入所を待ち続ける高齢者や家族にとって、あまりにも過酷と言わなければなりません。

このようにサービスが大幅に後退しているのに、保険料は逆にほとんどの階層で11%以上も値上げがされることになります。だいたい消費税増税の最大の目的が社会保障拡充のためと言っていたのに、これでは話が逆さまではありませんか。

今でも保険料が高くて払えず、利用料1割負担を3割負担のペナルティを受けていることで、介護サービスを受けられない事態も広がっています。高齢者の多くは年金からの特別徴収にもかかわらず滞納繰越金は2014年度現在で3億5785万円余とこの間増え続けていること、特別徴収されるのは年金額が『一定程度』ある人であることなどを考えると、所得の低い人が滞納をしている実態があることは明らかです。今度の値上げが更なる弱い者いじめに拍車をかけることにつながるのではないでしょうか。

練馬区は、高齢者やその家族のくらしと権利を守る立場に立って、少なくとも『総合事業』の実施延期を決断し、国に法の撤回と国庫補助の引き上げを強く求めるべきです。以上の立場から日本共産党練馬区議団を代表しての反対討論とします。

 


保育園待機児解消へ

こんにちは区議会議員の有馬豊です。

練馬区は、来年の4月に保育園待機児ゼロへ向け、認可保育所を含めた整備予定を発表しました。以下参照ください。

S28C-114101417071_1S28C-114101417071_2S28C-114101417071_3S28C-114101417071_4S28C-114101417080


高野台駅頭にて朝の宣伝

IMG_0001-1

IMG_0009

こんにちは区議会議員の有馬豊です。

今日は、練馬高野台駅頭で朝の宣伝行動を行いました。米沢区議とその地域のみなさんも一緒だったため、松村都議を含め、全体で10人が参加し、にぎやかな宣伝となりました。

配布したビラは、いま問題になっている日本軍「慰安婦」問題についての日本共産党の見解です。


練馬区議会第3回定例会

 

こんにちは区議会議員の有馬豊です。

第3回定例会が9月5日から10月17日の日程で行われます。この議会は2013年度決算を審議します。13年度は前区長最後の予算でしたが、プレミアム商品券廃止や国保料値上げに伴う軽減措置廃止などの一方、大泉学園北口再開発などまちづくり最優先の予算でした。党区議団は、この予算の使われ方や影響などを明らかにし、負担増に苦しむ区民生活を軽減し、切実な要求実現につながる議会にするため力を尽くす決意です。


国交省レク

IMG_1059

こんにちは区議会議員の有馬豊です。

4月22日、関越高架下に高齢者センターなどをつくろうという計画について、関係する国土交通省、ネクスコ東日本、日本高速道路保有債務返済機構の3社から笠井亮衆院議員を通じてレクチャーを受けてきました。

レクチャーに先立って、文章で「この間の練馬区との協議の経過・状況について」、「当該地域が高架構造となった経緯について」、「機構が行ったパブリックコメントと高架下利用計画の策定について」、「高速道路の補強・改修との関係について」、「住民の理解・合意について」などについて質問を投げていたので、最初にその回答を受けました。

その後一緒に参加した住民からも「関越道路がつくられて43年もたっているのに、その下に高齢者などが集う場をつくるのはどうなのか、今後いつ大規模な自然災害が起きるかもわからない」など心配の声が出されました。

国交省などは、出された計画については、法令上問題がなければ許可をするとし、住民合意についても練馬区の責任においてやるべきことだというだけで、まともに答えようとはしませんでした。また、橋脚と通路との関係など計画上の問題点について質問しても、問題ないと言うものの、その根拠については「練馬区を信用している」というだけで、具体的な根拠は示せませんでした。


朝宣

IMG_1011

IMG_1012

IMG_1014

こんにちは区議会議員の有馬豊です。

今日は石神井公園駅で朝6時前から薬師辰哉予定候補と宣伝活動を行いました。

朝の早い時間帯は余裕があるのか立ち止まって話しかけてくれる人が何人かいました。薬師候補に若い人に頑張ってもらいたいなど激励されました。

今日は他候補とバッティングしましたが、昼間は宣伝カーも見かけました。いよいよ選挙戦に向けて動きが出てきていることを感じました。


4月4日練馬駅南口街頭演説会

こんにちは区議会議員の有馬豊です。

4月4日(金)午後6時から練馬駅南口で区長・区議補選に向けて街頭演説会を開きます。

菊池ひろし区長予定候補、薬師辰哉区議予定候補はもちろん、先の都知事選挙で大健闘した宇都宮けんじ弁護士やテレビなどでもおなじみの小池晃参議院議員も駆けつけ、お話します。ぜひお誘い合わせてご参加されますようお願いします。

 


法律相談

IMG_1009

IMG_1008

こんにちは区議会議員の有馬豊です。

有馬豊事務所では毎月1回弁護士を呼んで法律相談をしています。

弁護士は旬報法律事務所の佐々木亮さんが引き受けてくれています。2月は都合で相談日が持てなかったこともあり、3月は3日と28日の2回行いました。

私が区議会議員になって11年になりますが、最初の頃、縁あって法律相談活動をお願いするようになりました。その頃佐々木さんも弁護士になったばかりでしたが、今では「ブラック企業で働く若者の権利を実現したい」弁護団の団長を務めるなど活躍され、テレビなどにもたびたび出演されています。仕事が忙しい中でも、有馬事務所の月1回の法律相談には必ず来ていただいています。

労働問題が専門のようですが、それに限らずどんな問題でもお気軽にご相談ください。4月は24日(木)18時、5月は29日(木)18時、6月23日(月)18時までは決まっています。ご予約の上お越しください。

有馬豊事務所 石神井町2-8-27 tel/fax 3997-4191


薬師辰哉事務所開き

IMG_1007

IMG_1004

IMG_0994

IMG_0989

IMG_0987

こんにちは区議会議員の有馬豊です。

3月23日、区議補選に立候補を予定している薬師辰哉さんの事務所開きが行われました。田村智子参議院議員や菊池宏区長予定候補、松村友昭都議会議員などが駆け付け、150人を超える支援者が集まりました。

薬師予定候補は、国家公務員で現場を大事にしていたお父さんの生き方に影響を受けたことや、就職活動で100社以上に断られた辛い経験、社会保障推進協議会の活動の中で、国保料が払えず、困っている人に追い打ちをかけるように練馬区が保険証を取り上げるなど冷たい対応をしている現状など、立候補に至る決意を語りました。

※千羽鶴はおりづる9条の会の星とくえさんよりいただきました。ありがとうございます。

 


区長候補決まる

 

IMG_0964

IMG_0967

こんにちは区議会議員の有馬豊です。

「練馬革新都区政をつくるみんなの会」は3月22日、記者会見を開き、区長候補に同会代表世話人の菊池宏弁護士(71)を擁立することを発表しました。

私も記者会見に同席しましたが、記者から以前にも立候補され、また今回立候補された理由を聞かれ、19年前には阪神淡路大震災があり、今回は東日本大震災があったが、相変わらず国は被災者に対して冷たい政治で被災者を苦しめている現状があり、それは練馬区においても同じだと語り、こうした政治を何とかしたい、困っている人に寄り添う区政に切り換えていきたいという趣旨のことを言われていました。

いまの区政は、国保料など度重なる値上げで滞納者が増えていますが、保険証取り上げと取り立てばかり強化する一方で、大泉学園駅北口再開発に公費を72億円も投入するなど、不要不急の事業を最優先しています。菊池さんのような人にこそ区長になってもらいたいと改めて感じました。