秘密保護法案は撤回を

こんにちは区議会議員の有馬豊です。

特定秘密保護法案が、11月26日の衆院本会議に緊急上程され、自民党、公明党、みんなの党の賛成多数で可決されました。

国民に、この法案の危険な中身が知れ渡る前に、強行してしまおうという安倍政権の狙いは明らかです。

政府が秘密と決めたら秘密になり、国民は何が秘密なのかもわからない、秘密を漏らせば厳罰が課せられてしまう。

国会答弁も2転3転し、あいまいなまま。採決の前日に、福島で開いた公聴会でも、与党推薦の公述人を含め7人全員が反対や慎重審議を求めていたにもかかわらず、採決のごり押しです。

国民の知る権利を奪い、国民主権の根幹を揺るがすような重大な法案をわずかな審議で押し切るようなやり方は、許せません。

いま、立場の違いを超え各界各層から秘密保護法案に反対の声が広がっています。日本共産党練馬区議団としても、駅頭での宣伝などで訴えるとともに、明日から始まる練馬区議会でもこの問題を取り上げ、練馬区や区議会にも呼び掛け、廃案に追い込むまで全力を挙げる決意です。




この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ