出張所業務を郵便局に委託

こんにちは区議会議員の有馬豊です。

これまで出張所で行われていた証明書発行など10業務、自動交付機での取り扱いを除けば7業務を廃止し、区内11か所の郵便局に委託することになりました。このことにより、取扱時間が郵便局に合わせ短くなるばかりか、高齢者や障がい者など第3者が委任状を託して証明書などを発行していたものができなくなるなど社会的に弱い立場の人たちが不利益を被ることになります。

こうしたことは「行革」の一環ですが、これまでは委託などで外からは見えにくい質の低下はあるものの、表向きは祝祭日や業務時間の延長などで区民サービスの向上を言ってきました。ところが今回はそれすら言えない改悪を進めています。

こうしたことは、いよいよ「行革」方針が行き詰まってきたことの表れではないでしょうか。




この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ